いざという時

普段から関係者の方々の協力を得ながら与えられたお仕事を確実に取り組む。

関係者の方々が必要として頂いているのであれば、
どんなに忙しくても出来るところは最大限協力する。

大きなことは出来なくても、コツコツ努力を積み重ねる。

普段からそういう事を心掛けていると、
いざ、と言う時また周りの方々が助けてくれる。

有難いことです。

at 13:39, ヨッシー, -

comments(0), trackbacks(0), - -

次のステップへ

弊社の最初の役目は、
当面の資金繰りが大丈夫かどうかの見極め。
次に現状把握と問題点や課題の整理。
それをもとに事業計画書の作成。
金融機関をはじめとする関係者の理解を得る。

ここまでで一区切り。

その次のステップは、会社内部の改善に。
意外と多いのが、その人でなければ出来ないという仕事。
休みたくても休めない。
その人に仕事が集中する、等々。

そこからどう仕組を構築し、組織的に仕事が回るようになるのか。

最近はそう言ったお手伝いが増えているような気がします。

at 22:13, ヨッシー, -

comments(0), trackbacks(0), - -

ムダにはならないと思います

自分たちが良いと思うことを実践する。
それが、思った通りの結果にならなくても。

大事なのは、自分たちでやってみて、その結果が良くても悪くても、
なぜそういう結果になったのかを考えることが大事だと思います。

その時は良くても、それが続かなければ意味がありません。
結果にこだわることも勿論大事ですが、
なぜそうなったか、その経過を検証することも大事です。

at 22:24, ヨッシー, -

comments(0), trackbacks(0), - -

出張してました

9月1日から県外に出張。
先程事務所に戻ってきました。

やるべきことが明確になり、
やるべきことが沢山増え、
時間を如何に有効活用できるかが課題。

早速取り掛かります!

at 18:14, ヨッシー, -

comments(0), trackbacks(0), - -

コミュニケーション

業績を向上させるためのお手伝い。
提案しても、実際に取り組んで頂かなければ、意味はありません。

納得して取り組む。
その為にはお互いの信頼関係の構築、コミュニケーションがとれていなければなりません。

振り返ってみると、業績が確実に良くなった企業さんは、
弊社からの質問や提案を素直に聞き、
また、疑問に思うことがあればすぐに質問する。
ある程度納得するまで自分たちも考える。
そういったやり取りを経ているように思います。

コミュニケーションはとても大事だと最近特に思います。

at 22:08, ヨッシー, -

comments(0), trackbacks(0), - -

集中します

本日も資料作成に集中します。

色々と調べることも多く、時間ばかりが過ぎていきますが、
お手伝いさせて頂いている企業さんが少しでも良くなると思えば、
無駄なことはひとつも無いと信じて。

今日は過ごしやすいので、事務所の窓は全開です!

at 11:03, ヨッシー, -

comments(0), trackbacks(0), - -

松山出張してました

IMG_2037.JPG
昨日から松山に出張。
新たな繋がりも出来ました。
有難い事です。
まだまだ努力すべき事も発見。
コツコツ取り組みます。

at 11:00, ヨッシー, -

comments(0), trackbacks(0), - -

得意不得意

全てを完璧に。
そう思うと何をやるのも神経を使いすぎるので長続きしない。

自分の得意分野や苦手なものはあるはず。
自分の得意分野を更に伸ばす。
不得意なものは、それを得意とする方の協力を得る。

自分ひとりで全てをこなそうとはせず、
関係者の協力を得る。

そうすることで、厳しい状況から脱出できる場合もあります。
考え方次第だと思います。

at 19:12, ヨッシー, -

comments(0), trackbacks(0), - -

走りながら考える

有難いことに新しいお仕事が複数。
現在頂いているお仕事も含めると、恐らくキャパをオーバーしているような気がします。

でも、ここで限界をつくると、自分自身の成長にも繋がりません。

出来ないということを考える前に、出来る方法を考える。

とにかく、弊社を頼りにして頂いている方々のためにも、
しっかりと対応していきたいと思います。

細かなことは、走りながら考えましょう。。。

at 21:53, ヨッシー, -

comments(0), trackbacks(0), - -

タイミング

事業を後継者に引き継ぐタイミング。

正解はありませんが、ある程度早い方が良いとのアンケート結果も。

自身の引退時期は自分で決めなければなりませんが、
そのタイミングを逸してしまうと、経営そのものにも支障が。。。

悩ましい問題ですが、避けて通れないのも事実。
そういった時にサポートできる専門家が必要なのかも分かりません。

at 12:30, ヨッシー, -

comments(0), trackbacks(0), - -